『東彼杵の夏休み』 in 九州 〜疎開編〜

九州、長崎県東彼杵町の協力のもと、2011. 夏 〜放射能疎開PJが始動。  企画、運営に携わり、ブログ立ち上げました!  現在もそのまま東彼杵に残り、疎開継続中〜♪  疎開の様子や今後の疎開活動、また放射能対策など発信できればと(*^_^*) これからも『子供を放射能から守る』気持ちでつながった仲間たちとできる事をやっていきたい!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆腐パスター

風邪の季節続いてます
うちもチビが昨日から発熱中~

でも、ここ一年ぐらい
病院に行ってないかも
極力、行かない方向で…

以前、娘のアトピーの治療してる時、
抗生剤のドツボにはまり…

症状を一時的に抑えるだけの治療法に疑問。
薬は強くなる一方だし、根本的な解決には
ならないのでは?と。

だったら、毒を出す、体質を変えようと
いうことで、具体的な実践として。

○ なるべくマクロビオティック(食事の改善)

○ 冷えとり健康法
→下半身を温め、気の巡りをよくして
毒素を排出し、自然治癒力を高める健康法。

ただ冷えとり用の靴下をはくだけだから、
面倒くさがりやの私も続いている。



それと東城百合子さんなどの本を参考に
○ 自然療法
をかじり始めてます



いやっ、これが本当にすごいっ

例えば…熱が出た時は『豆腐パスター』
最初は正直、豆腐なんかで効くのかねー
と半信半疑だったけど…

娘が39度近い熱が出た時に試しにやってみたけど、
翌日には平熱に戻りました!

使っている材料は絹豆腐、ショウガ、小麦粉のみ。
豆腐に含まれるカリウムや水分が細胞を冷やし、
体にこもった余分な熱を中和するそう。

熱が下がるだけじゃなく、毒も出してくれるから、
翌日、ケロっとしてる(個人差あると思うけど…)

豆腐パスター作り方

その他、里芋パスター、こんにゃく湿布とか
いろいろあって
昔の人の知恵はすごいなっと感激しちゃう

あと東彼杵はお茶の町ということもあって、
お茶のうがいを推奨していまーす!

お茶の効用を調べたら…
お茶は古来から「養生の仙薬」と呼ばれていて
病気予防 などの働きがあることは経験的に
知られていたそう。
その中でも渋味をつくる 植物成分
「カテキン」に殺菌作用があり、
ウイルスを防ぐそうです。


自己治癒力を高めて
『お茶うがい』と
冷えピタではなく(笑)『豆腐パスター』で
風邪を乗り切りましょう

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。