『東彼杵の夏休み』 in 九州 〜疎開編〜

九州、長崎県東彼杵町の協力のもと、2011. 夏 〜放射能疎開PJが始動。  企画、運営に携わり、ブログ立ち上げました!  現在もそのまま東彼杵に残り、疎開継続中〜♪  疎開の様子や今後の疎開活動、また放射能対策など発信できればと(*^_^*) これからも『子供を放射能から守る』気持ちでつながった仲間たちとできる事をやっていきたい!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばいばい原発 in 佐世保

スミマセン
前回は暗~いブログを書いてしまったけど…

なんだか最近、期限付きのやる事が多くなって
冬眠してる場合じゃなくなってきたぁ(笑)

という事でご心配かけましたぁー
エネルギー貯めた分、元気復活~

先週の日曜日、佐世保の『バイバイ原発』
トーク&マーケットに参加してきました

ファシリテーターに冨田貴史さんを招いて、
原発絡めて政治・暮らし・つながりに
ついてのお話し。



冨田さんは被ばくによる苦しみのない世界を
祈りながら、平和的なクリエイティブな
生活を提案してる。
疎開保養キャンプなどを実践してる平和活動家。

まー、若いのに(私より若い)、世の中を
冷静に悟ってる。

まず、私達は原発事故が起こってしまった
ことの責任が自分達にもあると。
政府や国のあり方ばかりを嘆くのではなく、
今まで無関心が故にこの国に54基もの
原発を作られてしまったこと。
事故が起きてから誰かのせいにしても遅いと。
知らなかった、意見を言わない=放棄

確かに。
私も事故が起きる前は無知に近かった

だから、冨田さんはまずは知ることからと。
電気の仕組み、政治の仕組み、原発の仕組み…
疑問に思うことはまず行動を起こして
自分で確認すること。

自分達の電気を使ってる量を把握してるか?
どの議員さんが賛成派か反対派か?
今の現場での状況は?!

冨田さんは具体的にそれぞれの電気使用量を
把握し、自家発電にもチャレンジしてるそう。
そして、疑問があれば、直接、地方の議員さんに
会いに行ったり、
福島の状況がで知りたいのであれば、
直接現場に行くそうです。

便利な世の中、ネットを開けば情報が
拾えると思ってたけど…
きっとそれは頭の中でわかってるつもりなだけ
だったんだ…

やっぱり直接、顔を見て話す。
現場を直接見るのでは全然違う。
心で感じれば、自ずとやるべき事が
見えてくると。
そして、つながり、
寄り添うことが大切と。

また結果を急いで善か悪かで
判断するのではなく、
自分がどう向き合い、
どう生きるのかが大切である。
とおっしゃってました。

なるほど。
心の中にすーっと入ってくる話でした

マーケットの方にも疎開仲間のNちゃんと
『マクロビスイーツ』初出店
卵・乳製品・白砂糖は使わない、
クッキー、パウンドケーキ、スコーンなど。

子供達に看板描いてもらって



お店オープン~♪



学園祭気分でしたが(笑)
いろんな方と話せて、つながれて
それはそれは楽しい一日でした(#^.^#)
お菓子もお陰様で完売〜、嬉しい♪

また出したいなぁー

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。